「絆」再生事業

「絆」再生事業平成26年度をもって終了しました。

貧困・困窮者の「絆」再生事業-沖縄県委託-

事業の目的

2005年度国勢調査の結果、本県はニート率が全国一高かかった。その要因として、他府県に比べて失業率や離婚率、母子・父子家庭世帯が多いという家庭環境の問題。全国平均と比較して、沖縄県民の平均所得が低いことや低賃金による長時間労働、全国的に増加している生活保護世帯など労働環境や経済的な問題を子どもや若者たちが直接的あるいは間接的に受けている。
ニート・ひきこもり状態が長く続くと、彼らが近い将来ホームレスや生活が困窮した状態になる可能性が十分に考える。それを防ぎ、経済的に自立し、再び社会に参加できるように支援を行う。

事業内容

相談業務

地域の自治会や民生員・児童員、保護司、各市町村の窓口、社会福祉協議会からの情報を得て、生活困窮者や困難を抱える若者たちの起居する場所を訪問し、相談を行い、当事業の支援へ導く。

支援・訓練内容

基礎的なパソコンスキルの習得、老人介護施設や障がい者福祉施設、清掃業等での職場見学と就労体験。各種ボランティア活動、ビジネスマナーの習得などを通して、就労意欲を向上させ、就労を目指す。その中で、建設機械あるいは溶接の免許を取得したい者、車の整備に興味があれば、サポートセンター名護と自動車整備工場で建設機械あるいは溶接の免許や自動車整備に必要な知識と技術を習得する。
支援をしていく中で、高校進学や学校への復学を目指したい者がいれば、支援をおこなっていきます。
「絆」再生事業_01 「絆」再生事業_02
「絆」再生事業_03 「絆」再生事業_04
「絆」再生事業_05 「絆」再生事業_06
「絆」再生事業_07 「絆」再生事業_08 

利用時間

毎週月曜日~金曜日(土・日・祝祭日を除く)
午前9時~午後6時
※緊急の対応の場合は時間外も業務を行う場合があります。

訓練時間

午前10時~午後3時(昼食時間を含む)
※相談後、個別にプログラムや支援を行うこともできます。

訓練費用

本事業は、沖縄県からの委託です。
訓練費用は無料となります。ただし、資格取得のための検定料等必要な費用がかかる場合があります。訓練内容を含めて支援を行う前に説明させていただきます。

実施場所

沖縄市仲宗根町35番8号の2階
沖縄中部勤労者福祉サービスセンターゆいワーク2F
ゆめさき支援センター地図

広域地図


大きな地図で見る

電話番号

098-939-8450(FAX兼用)